CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
言事堂にて販売中
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット (JUGEMレビュー »)
富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
大坊珈琲の時間
大坊珈琲の時間 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。在庫あと1冊です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
目であるく、かたちをきく、さわってみる。
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 (JUGEMレビュー »)
マーシャ・ブラウン(文と写真)
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
沖縄のデザインマンホール図鑑
沖縄のデザインマンホール図鑑 (JUGEMレビュー »)
仲宗根 幸男
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
Portrait Session
Portrait Session (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
MOBILE
qrcode
本日の言事堂11/18

手違いがあり売れなかった東松照明の写真集。久しぶりにじっくりと観ました。

 

日記を書き忘れるところでした…

今日は来週からの展示の搬入があるので午前中は2階の片付けを少し進める。残りは日・月で。

午後からアルバイトSさん来店。少し早めに来てもらった。雑務が多すぎて値付けがなかなか進まない。

 

近所のタコスやさんの飼い猫トラオ(仮名)がはじめてお店の中に入って来た。きょろきょろして本棚を見ている。気に入ったのか(?)その後何度か遊びに来ていた。みーちゃんに出入りしているところを観られてしまって、彼女にとてもとても怒られていた。でも意に介さずといった表情。

 

新垣一也さんとお手伝いのご友人たちが夕方来店。2階で作業をしてもらう。なかなか斬新な展示方法。壁がどう変わるか日中に見るのが楽しみ。

 

ブーゲンビリアは枝が伸びて来てから随分と色付いて来た。短く切りすぎるとそれがないことが分かった。いま色が付いてきているところ。剪定しようと思っていたけれど様子をみようかな。

 

ヒロイヨミ社から注文していた新刊が届く。港の人からも。素敵な本が入りました。来週入荷情報を書きます。

カレンダーも入荷したし、もう年末らしくなってきた。

日月はお休みです。来週、再来週は日曜日も開店します。

それではまた、火曜日に。

 

 

| 本日の言事堂(2017-) | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新入荷|新刊書】ヒロイヨミ社『白の詩集』が入荷しました。


活版印刷で作品を作るヒロイヨミ社さんの新しい作品集が入荷しました。
5月のウイリアムモリスでの個展の時に制作されたそう。

この詩集は『白』をテーマに三好達治、恩地孝四郎、春山行夫、尾形亀之助など
9篇の作家の詩が集められています。
「白」から連想するもの。
雪、光、星、うさぎ、豆腐、牛乳、紙……
皆さんはどうですか?

詩集を読んでいると、いろんな『白』の世界があちらこちらに見えてきます。
中原中也の詩は、万年筆と紙の物語のようです。 
白い紙に染みていくインクの色が見えてくるよう。





------------------------------------------
『白の詩集』

2014年5月7日 発行
限定200部
23cm×21cm/9篇の詩
編集・制作 山元伸子
発行 ヒロイヨミ社

組版 佐々木活字店
印刷 滝沢活版印刷
¥1,800-
------------------------------------------

ヒロイヨミ社さんの『春の詩集』『恋文』『恋の歌集』『月の句集』
『夜の詩集』も販売中です 


※通信販売も行っております。 お気軽にご連絡くださいませ。
info(a)books-cotocoto.com
※(a)は@に変更してください。
| 新入荷・新刊書 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新刊書】ヒロイヨミ社『恋の歌集』『月の句集』『夜の詩集』が入荷しました。


昨年も春先に『春の詩集』と『恋文』を届けてくれたヒロイヨミ社さんの
活版印刷の作品が届きました。

『春の歌集』、『月の句集』、『夜の詩集』という3つの小冊子。
それぞれのタイトルにちなみ選ばれた日本の歌や詩を、
活版の版にて印刷、それぞれ7作品ずつ収録されています。






『月の句集』は、濃紺の夜空色の紙に金彩の活版文字が
月の輝きのようにも見えます。

『夜の詩集』は、歌の世界そのものが闇夜のずっと中へと滑り込んで行く感じ。
春が遠くにありそうな、寒い季節の夜の風景が眺めの中に見えました。

『恋の詩集』は、『恋文』からずっと続いているような、
恋の熱を想わずにいられません。
明治・大正や平安期の恋の詩が活版で記されていますが、
古の言葉たちにあこがれてしまいます。

------------------------------------------
『春の歌集』
『月の句集』
『夜の詩集』

2013年11月2日 発行
限定200部
15.4cm×9.5cm/14p
制作・発行 ヒロイヨミ社
組版 佐々木活字店
印刷 滝沢活版印刷
各¥1,000-
------------------------------------------

ヒロイヨミ社さんの『春の詩集』『恋文』も販売中です 

※通信販売も行っております。 お気軽にご連絡くださいませ。
info(a)books-cotocoto.com
※(a)は@に変更してください。

 
| 新入荷・新刊書 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新入荷】ヒロイヨミ社『春の詩集』、『恋文』が入荷しました。

昨年言事堂にて開催しました『活版とことば』展の
主宰をされていたヒロイヨミ社さんから
あたらしい活版印刷の作品が届きました。

『春』にまつわる詩を集め、活版で印刷をしている作品集です。
国木田独歩、山村暮鳥、大手拓次、立原道造、中原中也、
そして萩原朔太郎の詩を収録。

その間に、秋葉直哉さんによる思い出の中の春を想った文も。
(秋葉さんは「冬の本」にも執筆されていましたね。)

表紙の紙はおもちのような、しっとりした感触。
ぜひ店頭でさわってみてください。


そして、もうひとつ。
大きなラブレターも届きました。
『恋文』というタイトルの、こちらも活版印刷によって刷られた作品集です。
封筒に入っています。 

恋文だもの。



色分けしてあるのは、送り主が違うから。
島村抱月から松井須磨子へ、
有島武郎から波多野秋子へ、
若山牧水から石井ていへ、
島崎藤村から加藤静子へ。
そして、誰か、の書いた恋文も添えて。


おさえきれない気持ちを言葉にして、手紙をしたためて、届け伝える。
あの人もあの人も、そんな恋をしてきたのですね。
恋が「戀」だった頃。

恋を忘れた人や、これからのときめきを待ち続けている人にも。
ああ、春ですよ、恋せよ乙女たち。

ーーーーーーーーーーーーー
春の詩集

2013年3月11日 発行
制作・発行 ヒロイヨミ社
¥2,200-


恋文

2012年5月13日 発行
制作・発行 ヒロイヨミ社
¥1,300-
ーーーーーーーーーーーーー

ヒロイヨミ社さんの関連作品として、
『Trace』(残りひとつです)、ポストカード集『島からの手紙』
(こちらも残りひとつです)、
『本の島々』、『本の島々 かまくらブックフェスタ号』も販売中です。
くわしくはこちら 


取り置きや、遠方の方には郵送も出来ます。

購入などに関するお問い合わせは下記までご連絡下さいませ。

言事堂
098-864-0315
(お電話は営業日、営業時間内にお願いいたします。)
info(a)books-cotocoto.com
※(a)は@に変えてお送り下さい。

| 新入荷・新刊書 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
20(土)は臨時休業いたします。
この間も組合の市で日曜日お休みしたばかりですが、
今度の土曜日20日も臨時休業いたします。
友人の結婚式の予定をてっきり日曜日だと思い込んでしまっていました。
今頃のお知らせとなり申し訳ないです。
どうぞ宜しくお願いいたします。


去年3月の言事堂での展示「活版とことば」展に出品していた
ヒロイヨミ社の「恋文」と「春の詩集」が入荷しています。
活版で綴られた美しい言葉たちです。
くわしくは後ほどお知らいたします。

| お知らせ | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【新刊書】「本の島々」かまくらブックフェスタ号が入荷しました。

今年の春に言事堂にて開催しました『活版とことば』展の時に
ご縁が出来まして、販売を始めた『本の島々』の
新しい号『かまくらブックフェスタ号』が入荷しました。



本の島」の活動から派生したプロジェクト『本の島々』。
文章を織り出す書き手や、雑誌の作り手、そして
それを販売する売り手の人々が、島への想いの本を紹介しています。

この間の朗読会でも読まれていた山之口貘さんの本も。
(私も貘さんの体験した幽霊の話、読みたかった。)

ミニコミ誌『北と南』の河内卓さん、言事堂でも取扱い中の
サウダージ・ブックスの淺野卓夫さん、
札幌の古本屋・書肆吉成の吉成秀夫さんたちが
島をめぐる本、本をめぐる島を紹介しています。

デザインは、『活版とことば』展にも出品していた
ヒロイヨミ社の山元伸子さんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本の島々 かまくらブックフェスタ号
2012年10月6日発行

画 狩野岳朗
デザイン 山元伸子
制作・発行 本の島々
¥350-
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



売り切れていた『本の島々』第一号と、『本の島』vol.1も
再入荷しました。
こちらもかまくらブックフェスタ号と合わせてどうぞ。

かまくらブックフェスタとは? 
鎌倉行きたいなぁ…


※遠方のかたには通信販売も行っております。
お気軽にご連絡くださいませ。 
(送料80円にてお送り致します。)
info(a)books-cotocoto.com

| 新入荷・新刊書 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
[NOMAD PLAN]の手製ノート「NOMAD NOTE」が再入荷しました。

NOMAD PLANの手製ノートが再入荷しています。
(毎月、追加してもらっています)

今回はB7サイズのものにペンホルダー付きの新しい仕様の
ものも入荷しましたよ。
ますます進化するNOMAD PLANです。

言事堂にお立ち寄りの際は、
手製ノートご覧になってくださいね。


過去の記事です。





NOMAD PLANさんが追加ノートを持って来て下さった時に、
横浜にある「築地活字」で鋳造見学体験会で
購入して来たという”新・活字ホルダー”と、活版活字の
見本帳を見せていただきました。


3月に言事堂にて開催しました、「ヒロイヨミ社 活版とことば」展にて
活版印刷や活字についてぐっと近づく事が出来ました。
その時以来、活字を見ると嬉しくなってしまって、
反転している文字をずっと眺めていました。

活字の魅力は一言では言えませんが、
まずはこの”もの”との近さがあるのではないでしょうか。
一文字一文字を形作る”もの”としての活字と、
その活字を用いて”言葉”や”言語”の世界に出ていくという、
活字を組んで表現する文章は、
船出の準備や、船に乗ってからの舵取りを思わせるんですよね。
海、ですね。 


むにゃむにゃ。(妄想中)


今週も、元気に。
| 新入荷 文房具/雑貨/紙もの | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「活版とことば」のあとに
 先月開催いたしました「活版とことば」展にて
展示販売していた活版印刷の紙ものたちの中から、
いくつかを引き続き販売しています。


北極書店さんの紙のコースターと、
「かきとめて栞」。

栞は書き込みが出来るので、
本を読みながら気になったことや、ふと思い出したことなど
メモが出来ます。
プレゼントする本に添えてもいいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北極書店
「コースター」 丸型・四角 ¥105-
「かきとめて栞」 縦型・横型 ¥210-
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ヒロイヨミ社さんの「痕跡」という名前の作品。
古本の中に残された、元の持ち主が書き込んだ落書きや
覚書、校正した跡を活版にしたしおりです。
もともとの本の文章は掲載されていないので、
文字だけ見ていると、
本のページから剥がれた落書きたちが
とても生き生きして感じられます。

是非、古本に挟んで使ってもらいたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーー
ヒロイヨミ社 「Trace 痕跡」
栞4枚+解説
¥780-
ーーーーーーーーーーーーーー



ヒロイヨミ社・山元さんがデザインをされた「本の島」発行の
「本の島々」も入荷しています。
名編集者・津田新吾さんの意思を受け継いだ人々が
幾つかのプロジェクトを行なっているのですが、
そこから生まれた小冊子です。

執筆・選書は管啓次郎、蜂飼耳、郷原佳以、渡辺富士雄、
樽本樹廣+山川真由子、越川芳明、桂川潤、阿部日奈子。


ーーーーーーーーーーーーー
本の島々

イラスト 鈴木英果
デザイン 山元伸子
編集・制作・発行 本の島
¥200-
ーーーーーーーーーーーーー



こちらは、ポストカードのセットです。
中島敦が南洋に赴任した先々で、まだ幼い息子に宛てた手紙を
元にしています。

島での生活や、故郷・家族を想う気持ちにじんわりします。
「雨の中を見おくつてもらつてありがたう。」

ーーーーーーーーーーーー
中島敦 島からの手紙

絵 鈴木英果
意匠 山元伸子
制作 本の島絵はがき部
¥980-
ーーーーーーーーーーーー

「本の島」についてはこちらご覧下さい 

| お知らせ | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『活版とことば』25(日)までです。

あっという間、あと3日で展覧会が終わります。
今週は日曜日も開店していますので、
どうぞご来店くださいね。
活版印刷の紙もの、小冊子など展示販売しています。

お客さまとお話していて、
いくつかの話題で盛り上がりました。
『和製タイプライター』が小さい頃、自宅にあったという方がちらほら。
英字のものと違って、ひらがな、カタカナ、漢字もあるので、
座る人をぐるっと取り囲むような巨大なものだったとか。
活版を見て思い出したそうです。

大きな道具や機械が昔の方が身近にあったのですよね。
そういえば、うちにもお米の精米機があったし、
机みたいな巨大な編み機があったな。
あれは何処にいってしまったんだろう。


ヒロイヨミ社の小冊子「ヒロイヨミ」、
バックナンバーは品切のため、サンプルだけ置いています。
(最新号は販売中。)

「島」特集号を読んでいてびっくり、
言事堂のある若狭について書いてある一説を発見。
拾い読み、すごいです。
あー、びっくりした。


そろそろ完売しそうなポストカードも出てきました。
土日いらっしゃる予定の方は
早い時間が良いかもしれません。
3時のおやつまでにどうぞ。



先週から、娘が風邪で学校を休んでいました。
昨日からやっと登校できて、どうにか通信簿がもらえそう。

先週金曜日と今週月曜日に、
かかりつけの小児科に行きました。
亀の「かめきち」がいつも出迎えてくれます。
そして、待合室で「きょうの猫村さん」を読みます。
病院に来た時だけ読めるので、どこまで読んだのか
わからなくなります。

次も風邪の時に。

| 日々のこと | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「活版とことば」展、明日13(火)からです。
ちょっとだけ、展示のものをお披露目。

明日から、ヒロイヨミ社セレクトの活版印刷で作られた
小冊子やポストカードなど、紙ものの展示が始まります。

今日はお昼から搬入作業。
はじめてお会いするヒロイヨミ社の山元さん、
文京れんげ社の宇佐美さんのお二人と、
書肆サイコロのサイトヲさんの3人が来てくださいました。
そして沖縄に来ていたSUNNY BOY BOOKSの高橋さんたちも
この日言事堂にて合流。
県内の古本屋の話で花が咲きました。


今日は少し風が冷たいですが、
ぽかぽかしてて良い天気!
あれやこれやとおしゃべりしながら、
うなりざきのさーたーあんだぎーを食べながら楽しい搬入。
話しながら、共通の知人・友人が多い事も判明。
紙の世界と古本屋の世界はやはり近いのですね。


展示に使っている、活版のとある道具。
会場でディスプレイに使っています。
さぁ、何でしょう。
答えは会場にて!



| 言事堂の展覧会 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒロイヨミ社「活版とことば」展を3月に開催いたします。

1月の一箱古本市、2月のカミガカリ展と
怒濤の日々を過ごし、なんとか落ち着いてきました。
ゆっくり飲めるお茶がおいしいです。
(最近は黒糖と生姜を入れた甘いミルクティーを
毎日飲んでいます。 )
楽しい3月からのあれこれの準備をしています。



さてさて、3月の13日(火)からはじまる
活版印刷の紙ものたちの展覧会のお知らせです。

言事堂でも取り扱いをしています、大沼ショージさんや
熊谷聖司さんの写真集を発行している書肆サイコロの
主宰・サイトヲヒデユキさんからの紹介で、
ヒロイヨミ社セレクトの、活版印刷により作られた
紙もの作品の展覧会「活版とことば」展の巡回展が
言事堂にて開催されます。

ヒロイヨミ社さんのことは、
昨年鎌倉で開催されていた「かまくらブックフェスタ」の
ブログにてお名前を覚えていました。
まさか那覇でも開催していただけるとは、
嬉しい限りです。

活版印刷の紙もの展示は沖縄ではめずらしいかもしれません。
どうぞお楽しみに。

ーーーーー
ヒロイヨミ社
「活版とことば」

2012年3月13日(火)ー3月25日(日)
(19(月)はお休みです)
11:00-18:00(土・日は19:00まで)

季節や自然をテーマに冊子を作っている
ヒロイヨミ社の制作物と、ヒロイヨミ社セレクトの
活版印刷のポストカードなどを展示販売します

参加者:赤井都/ananas press/大崎善治/サイトヲヒデユキ
二月空/北極書店/本の島絵はがき部/文京れんげ社
山田理加/ユニバーサル・レタープレス

ーーーーー

ヒロイヨミ社
2011年「かまくらブックフェスタ」 ヒロイヨミ社
鎌倉からの巡回展 「活版とことば in 高円寺」 書肆サイコロにて


ヒロイヨミ社の山元伸子さんが来沖したら、
カミガカリ展でつくったあのブックカバーを見てもらうつもり。


| 言事堂の展覧会 | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
へりこぷたぁ
ブログのタイトル、いつも悩みますね、
いま空を飛んで行ったヘリコプターにしました。
矢野顕子さんの曲でもあります。

音波というのはすごい、
ヘリコプターの音はそんなに大きくなくても、
家の窓がガラガラと音をたてて揺れる。
波動は此処まで届くんだといつも驚きます。


ちょっと前に、ERNESTAのレターセットを
追加納品してもらいました。
長らくご無沙汰していいるあの人に、
手紙を書いてみませんか?


ERNESTAの絵画作品も販売中です。
とてもかわいくてころっとしている絵画です。



紙もの、NOMAD PLANの手製ノートブックも
新しい種類の追加納品をしてもらいました。
ぞくぞくと売れています。
店長も使い始めて3週間、手に馴染んできましたよ。
買ってくださった皆様、
どうぞ感想をお待ちしております。



来月、13日(火)から、
ヒロイヨミ社の「活版とことば」展が始まります。
全国を巡回している活版印刷物の展示が
ここ、言事堂でも観る事が出来ます。
詳細は後ほどお知らせいたしますね。
みなさん、どうぞお楽しみに。

DMもとても素敵なんですよ!
今日から配布をはじめます。


| 日々のこと | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |