CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
終わりなき山河
終わりなき山河 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー スナイダー
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
夜明け(新装版)
夜明け(新装版) (JUGEMレビュー »)
山内悠
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット (JUGEMレビュー »)
富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
おきなわの一年
おきなわの一年 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
大坊珈琲の時間
大坊珈琲の時間 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。在庫あと1冊です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
目であるく、かたちをきく、さわってみる。
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 (JUGEMレビュー »)
マーシャ・ブラウン(文と写真)
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
沖縄のデザインマンホール図鑑
沖縄のデザインマンホール図鑑 (JUGEMレビュー »)
仲宗根 幸男
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
MOBILE
qrcode
<< 今週の言事堂 6/11-6/15 | main | 今週の言事堂 6/25-6/29 >>
今週の言事堂 6/18-6/22

栄町のひめゆりピースホール。ホステルもあります。

 

日曜日、公設市場の現在の建物での営業が最終日だったので閉場セレモニーを観にまちぐゎーまで出て来ました。実は風邪をひいてしまい、体を騙しながらの外出。直前に栄町市場にあるひめゆりピースホールで開催していた(最終日でした)マブニ・ピース・プロジェクトの展示を観る。市場をはしご。

 

 

6/18(火)

大雨。開店準備をしていたら雨漏りし始めて本が4冊程濡れてしまった。急いで避難させて乾かす。ああ大変。

先週、送付した明細書に手違いがあり、差し替え用の書類を作る。ミスがあると落ち込む。アルバイトMさん来店、2階で作業をしてもらう。

大雨と雷雨でお客さんもさっぱり。あきらめて棚の整理と値付けに励む。注文はたくさん入った。

 

6/19(水)

仔猫の健診で午前中は病院へ。体重が先月から倍に増えていた。家族のなかで一番元気だ。先住猫の体調が心配。

先週お電話を下さった某ギャラリーの方から寄贈本がぞくぞくと届く。元払い頂いたものもあったようだ。申し訳ない。

京都の待賢ブックセンターの鳥居さんから電話、年末大市の話等。もう年末の話をしているのかとはっとして恐ろしくなった。

常連さんが二人ご来店、どちらの方もよく沖縄にいらっしゃる。最近訪れた美術館の話や詩のワークショップの話をする。

マックス・エルンストのコラージュシリーズが4冊入荷、ゆっくりページをめくって堪能した。2月に東京都庭園美術館の岡上淑子展で観た版画を思い出した。さっそく通販ページに登録。

 

6/20(木)

午前中、とても眠たい。睡眠時間が足りずに仕事中も眠くなってしまう。

昨日倉庫に持ち帰る用にとまとめた本を車に積み込む。倉庫の掃除も進んでいてどうにか保管出来そう。本を送ってくださったギャラリーの方にお礼のお電話。有り難い言葉をかけていただき涙が出そうになる。地方都市でも美術書の古書店が頑張ってもいいんだと勇気付けられる。読みかけの新崎盛暉「私の沖縄現代史」の続きを読む。

Sさんご来店、数冊の詩集の注文を受ける。野原誠喜詩集を購入下さる。

雨が続いてお客さんが少ない。仕事が集中出来てそれはそれで良いのだけれども不安になる。(大勢来ても不安になる。)

 

6/21(金)

値付けをどんどん進めて、夜のイベントの準備。文庫本の整理と棚も少し整えた。早く晴れないものか。

時間がないけれども店内の棚をどうにか作り替えたり動かしたい。倉庫の掃除もあるので休日が何日あっても足りない。

19時からbaby baby hamburger & booksでパフェの日イベントに出店。与太郎のお二人とbabyのお客さんたち、pipeline coffeeの焼き菓子担当の子も出店していておしゃべりしながらお店番が出来て楽しかった。文庫本と40年くらい前の料理の本が売れた。

ハンバーガーとパフェがとてもおいしかった。たまにはこんな夜店みたいなイベントもいいな。

 

6/22(土)

休憩時間に「サロンクバヤ|シンガポール 麗しのスタイル」のカタログを読んでいたら、気になる箇所が。「18世紀に、ジャワ島の為政者たちは、パッチワーク(タンバラン)に呪術的な力があると考え、そのためにパッチワークの儀式用のローブを注文した。…」とある。奄美のノロが着ていた衣裳「ハビラハギドギン」もパッチワークで作られていて、三角形のはぎれは蝶の翅を模したものだとか。ジャワと奄美で通ずるものがあったのだろうか。

値付けの続きをしながら梱包と発送作業。買い物に行き上原さんの珈琲屋に立ち寄るも開店はまだのよう。ばくだんおにぎりをジランバ屋で購入。

友達とゆんたく。今度pipeline coffeeに行く約束をした。店頭買取1件、ヴィンセント・ギャロの写真集など入荷。

 

 

| 今週の言事堂(2019) | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.books-cotocoto.com/trackback/1244518
トラックバック