CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
言事堂にて販売中
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット (JUGEMレビュー »)
富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
大坊珈琲の時間
大坊珈琲の時間 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。在庫あと1冊です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
目であるく、かたちをきく、さわってみる。
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 (JUGEMレビュー »)
マーシャ・ブラウン(文と写真)
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
沖縄のデザインマンホール図鑑
沖縄のデザインマンホール図鑑 (JUGEMレビュー »)
仲宗根 幸男
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
Portrait Session
Portrait Session (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
MOBILE
qrcode
<< 本日の言事堂3/11 | main | 本日の言事堂3/15 >>
本日の言事堂3/14

大学生たちの映画の撮影を見学しました。in 言事堂。

 

週末からずっと大粒の雨、でも少しだけ暖かくなった。

怖い夢を見て早くに起きてしまった。今日は映画の撮影がお店であるので5時に出発。

アルバイトのMさんが午後から来るのでその準備をしながら確定申告の仕上げ。リロイ&お光さんに支払う委託販売売上金の計算と芳名帳のコピーなど準備。2階の本棚と1階の写真集の棚を整える。早朝の仕事もなかなかいい。

 

8時に大学生の映像制作集団connectのメンバーが到着。広島、東京、兵庫、那覇、台湾などで映画制作をしながら活動するメンバーが那覇に集まって、初めての合同企画の映画なんだそう。そうとは思えないくらい各パートの指示もチームワークも素晴らしかった。ずっと番台で音を立てないように見学して、言事堂での撮影は全部目の前で観ることが出来た。とても楽しかった。撮影はあと4日あるそうなので、沖縄県内で見かけたら声をかけてあげてください。

 

リロイさんたちが搬出に来ていたけど、まだ映画の撮影中だったので夕方に変更してもらう。Mさん到着、2階で仕事をお願いする。お土産にマルセイバターサンドを頂く。(私、この名前ずっとマルセイユバターサンドだと思っていた)

郵便を出しに外出、すぐ戻る。

 

本の画像を撮影して棚出し。久しぶりに北原秋一『琉球城紀行』が入荷、沖縄本島と伊是名島にあるグスクの写真集。城が造られ勃興しても、ほとんどが1世紀の間に滅ぼされてしまう。首里城と今帰仁城の王威がいかにすごいものだったかを改めて思い知る。雑誌『うるま』を発行していた三浦クリエイティブの発行。その他、石川竜一君の写真集『okinawan portraits 2010-2012』も入荷。こちらはサイン本です。

 

近所に住むKさんとおしゃべり。時計を観たら一時間過ぎていた。いつもどこかで会うと普通に喋っていたけど名前を知らなかった。今日Kさんという名だと知る。

 

先月神道の洋書を求めて立ち寄ってくれていた方が来店、書庫から探したものを手渡す。今日は違う本を購入してくださった。「あれは今度来て売れてなければ買うよ」とのこと。棚の中にあるけれども何か運命を背負った本になったような。

外間守善の『おもろそうし』論について、神謡なのに宇宙観や天文学などの背景が彼の研究にはないという話が出る。そういえば星が出てくる沖縄の民話は、にぬふぁぶしくらいしか聞いたことがない。他にもあるのかな?

 

リロイさんとお光さんが再び来店。絵画の搬出と委託販売の売上金の支払い。展示が終わるといつも寂しくなる。作業をする間は床が落ちない程度に2階も本でいっぱいにしようと思う。

本の問い合わせへのメールの返信、在庫の確認、明日の作業等確認して閉店の時間。明日は早起きして確定申告に行かなくちゃ。

 

国立新美のミュシャ展をどうにかして観に行きたい。『スラヴ叙事詩』が一同に会する機会なんて、生きている間はきっとないんだろうな…。4月か5月中に行けたら。

早起きだったので、半分眠りながら画策中。

それではまた明日。

| 本日の言事堂(2017-) | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.books-cotocoto.com/trackback/1244235
トラックバック