CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
終わりなき山河
終わりなき山河 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー スナイダー
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
夜明け(新装版)
夜明け(新装版) (JUGEMレビュー »)
山内悠
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット (JUGEMレビュー »)
富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
おきなわの一年
おきなわの一年 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
大坊珈琲の時間
大坊珈琲の時間 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。在庫あと1冊です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
目であるく、かたちをきく、さわってみる。
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 (JUGEMレビュー »)
マーシャ・ブラウン(文と写真)
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
沖縄のデザインマンホール図鑑
沖縄のデザインマンホール図鑑 (JUGEMレビュー »)
仲宗根 幸男
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
MOBILE
qrcode
<< 週末 | main | 5周年 >>
天海堂書店とBerlin Books

入荷した古書のコンディションをチェックして、
値札を付けていたとき。
元の持ち主が購入したであろう本屋の値札の一部が残っていた。

「天海堂書店」
なんてきれいな名前。
紺色の下地の色も良い。
どんな古本屋なんだろうか、興味をそそられて
大阪で学生時代をすごした古本好きの友人に聞いてみようと思い、
その値札の紙をはがしてレジ台の壁に貼付けた。


2、3日後、全国古書籍商組合の機関紙「全古書連ニュース」が届く。
読んでいると、偶然、最終頁に天海堂書店の名前を見つける。
【脱退】、とあったので、気になってネットで検索してみた。

阿倍野のとある一帯が再開発地域だそうで、
その影響で2010年に閉店したようだ。
そうだったのか、と残念な気持ちになった。

街と古本屋はその土地の象徴的な風景のひとつなんだなぁと思えて来て、
再開発で新しくなった街に、新しい素敵な本屋さんが出来て、
良い街になっていったらいいなぁと思った。

天海堂書店、行ってみたかった。


あと、機関紙にもうひとつ、気になっていたお店の名前があった。
Berlin Books。
こちらも大阪、今年の2月に閉店してしまった。
一度行ってみたいと思っていたお店だ。

大きな窓がレジ台の奥に絵画のようにあって、
整えられた本棚が客を待つ。
どんな店主がいたんだろうか。

Berlin Books紹介 Airlize 


| 日々のこと | 14:00 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
古い記事にコメント失礼。

私が学生だった数年前によく行っていました。
池波正太郎作品を読んでいて、新装版の文字が大きいのが嫌で、わざわざ古いのを探していて偶然入ったのが天海堂でした。卒業して遠ざかっていたのですが、最近になりふつふつと読書欲が沸いてきていたのですが。。。
休みにでも行こうと思っていたのですが、残念です。
| 名無し | 2013/05/10 5:40 PM |
コメントをありがとうございます。
天海堂書店に行かれたことがあるのですね。
訪れてみたかったので私も残念に思っています。
| 店主 | 2013/05/11 11:33 AM |
古い記事に失礼します。
大橋巨泉を丸刈りにしたようなオヤジがいました。こちらは店員で、横柄な方でした。いつまでも見ていると、買うの?と聞いてくる、冷やかしなら帰れという相手を値踏みするような人でした。
店主は穏やかな女性でした。
90年代後半は、ほとんど文庫本の棚だったように思います。
| きのみや | 2019/07/06 9:24 AM |
きのみや様、天海堂書店の想い出話のコメントありがとうございます。
通っていた方だけが知りえた店員の対応ですね。値踏みというのも、本を買いに行く側としては緊張します。この方も、今はどうされているのでしょうかね。
| 店主 | 2019/07/10 2:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.books-cotocoto.com/trackback/1243837
トラックバック